健康と美容のニュース




SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
LINKS
寝過ぎも睡眠不足も心疾患リスク上昇、米研究

1日の睡眠時間が6時間未満の人も、8時間より多い人も、睡眠時間が6〜8時間以内の人と比べて、心臓疾患にかかる割合が高いという研究結果を25日、米国のチームが発表した。

 これまでにも小規模の複数の研究で同様の結果は出ているが、ロザリンド・フランクリン医科大学(Rosalind Franklin University of Medicine and Science)シカゴ・メディカル・スクール(Chicago Medical School)の研究チームが、米全国健康・栄養調査(National Health and Nutrition Examination Survey、NHANES)に応じた45歳以上の米国人から3000人を抽出し、5種類の心疾患と睡眠との関連性を調べた今回の研究は、過去の研究結果を裏付けるものとなった。

 調査では回答者に睡眠傾向を聞いたうえで、これまでにうっ血性心不全や心筋梗塞、冠動脈疾患、狭心症、心臓発作と診断されたことがあるかどうかを尋ねた。

 その結果、毎晩寝不足だと答えた人は、睡眠時間が6〜8時間の人と比べて、心臓発作や心筋梗塞を起こす割合が2倍、うっ血性心不全は1.6倍高かった。

一方、睡眠時間が毎晩8時間を超える人でも、狭心症の割合が2倍、冠動脈疾患の割合が1.1倍高かった。

 研究を主導した同スクールのロヒト・アローラ(Rohit Arora)氏は、

「これらの結果から、毎晩の睡眠時間を6〜8時間以内にすることが、おそらく長期にわたって心疾患のリスク軽減につながるのだろう」

と語った。


快適睡眠のすすめ (岩波新書)
堀 忠雄 岩波書店 売り上げランキング: 15243


睡眠の科学 (ブルーバックス)
櫻井 武 講談社 売り上げランキング: 10193


人気ブログランキングへ





| 健康:睡眠 | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
快眠するには? 自分の必要睡眠時間知ろう
よく眠りすっきりとした朝を迎えるのは、生活の質を向上させるために最も重要なことの一つ。

睡眠の問題は、高血圧や鬱病の悪化要因ともされるだけにおろそかにできない。

しかし、寝付きが悪い、途中で目が覚める、熟睡できないなど、眠れないと訴える人は多い。

どうすればよく眠れるようになるのか。(櫛田寿宏)



年齢とともに短く

 厚生労働省の「平成22年国民健康・栄養調査」によると、調査時の直近1カ月の間に眠れないことがあった人(20歳以上)は、「頻繁にある」「ときどきある」を合わせると、男性で51・3%、女性でも56・6%に上った。

眠れないと訴える人は、男女とも年代が上がるほど増えるという傾向も見られた。

 不眠は高血圧のリスクを約2倍、2型糖尿病になるリスクを約2〜3倍にそれぞれ高めるとされる。

65歳以上が鬱病になるリスクも約1・5倍にするなど心身に与える影響は大きい。

 どうすれば睡眠の質は高まるのか。日本大学医学部の内山真教授は「まず、自分にとってどれくらいの睡眠時間が必要かを知ること」と話す。

必要な睡眠時間は年齢によって変化するという。

健康な人の睡眠時間の平均は、14歳=8時間▽25歳=7時間▽45歳=6・4時間▽65歳=6時間−など、個人差はあるが年齢を重ねると短くなることが確認されている。

 内山教授は「8時間眠らないと睡眠不足だと考えている人がいるが、これは間違いだ」と指摘。眠れないのに無理に床の中で時間を過ごすのは逆効果だという。

「もんもんとするより、軽い読書や音楽、ストレッチ運動などでリラックスし、眠くなるのを待つといい」とアドバイスする。

病気のサインも

 人間の生活にはおよそ24・5時間の周期があり、普段眠る時間の2時間前は入眠しにくい時間に当たる。

翌朝は早いからといって早く寝ようとしても寝付けないのはそのためだ。

 毎日同じ時間に起きることが重要で、起きたら日光を浴びると一日の行動に適したリズムが作られる。早起きが早寝につながることはもちろんだ。

 十分な睡眠時間が確保できているかどうか確かめるには、日中しっかり目覚めて過ごせているかを目安にすることが重要だという。

就寝前のカフェイン摂取は入眠を妨げる傾向がある。

「睡眠薬代わり」の寝酒は眠りが浅くなるなど睡眠の質を下げるほか、アルコールの過剰摂取につながる危険性もあるという。

長い昼寝は夜の睡眠に悪影響を与えるので20〜30分ほどにとどめるべきだ。不快な音や光を遮断し、自分に合った寝具を工夫するなど、快眠のための環境づくりも大切だ。

 睡眠障害は心身に病気があることを示すサインという可能性もある。

内山教授は「激しいいびきは睡眠時無呼吸症候群(SAS)などの病気が原因の可能性がある。足のむずむず感、歯ぎしりとともに、医師や歯科医師に早めに相談してほしい」と呼びかけている。



【用語解説】国民健康・栄養調査

 健康増進法に基づく調査で、生活習慣病対策などの基礎資料にするため厚生労働省が毎年実施する。平成22年は全国から無作為抽出した3684世帯が対象。調査項目は、身長、体重、血圧、腹囲など身体的データに加え、食事の摂取状況や飲酒、喫煙、睡眠、運動など。世帯の所得が600万円以上の世帯員と比べ、200万円未満、200万〜600万円未満の世帯員は、女性の肥満者、朝食欠食者、運動習慣のない者、現在習慣的に喫煙している者の割合が高く、野菜の摂取量が少なかった。


6分半で眠れる!快眠セラピーCDブック―幸せな人生を実現させる方法
遠藤 拓郎 フォレスト出版 売り上げランキング: 181373





人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:健康を維持する



| 健康:睡眠 | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いびきは睡眠時無呼吸症候群の最も分かりやすいシグナル

夫の8割近くが連日いびきをかいているにもかかわらず、夫のためにいびきを防止するグッズを買ったり、医療機関で受診するよう勧めたりしたことのない妻がいずれも約7割に上ることが、帝人在宅医療(東京都千代田区)などが運営する「SAS広報委員会」の調査で分かった。

 いびきは、睡眠中に10秒以上の呼吸停止を繰り返す睡眠障害「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」の症状の一つ。深酒や鼻づまりなどが原因でかくこともあるが、1時間に平均5回以上の呼吸停止があり、日中に眠気を感じるなどの症状があればSASとされる。

 調査は2月、全国の既婚女性1千人を対象に実施した。それによると、「夫がいびきをかく頻度はどれくらいですか」の設問で、76%が「毎日(慢性的に)」「ほぼ毎日」と答えた。一方、夫のためにいびきを防止するグッズを買ったことや、医療機関での受診や対策を促したことが「全くない」のは、それぞれ72%、66%に上った。

 同委員会は「いびきはSASの最も分かりやすいシグナル。少しでも疑いを感じたら、呼吸器科のある病院で受診を」と呼びかけている。




意外とこわい睡眠時無呼吸症候群 (講談社+α新書)
成井 浩司 講談社 売り上げランキング: 177382



人気ブログランキングへ



| 健康:睡眠 | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/2PAGES |