健康と美容のニュース




SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
LINKS
<< 【書評】 『前立腺がん検診力 PSA検査で早期発見を』勝岡洋治著 | main | 【話題の本】 『蘇活力 血流をコントロールして弱った身体をよみがえらせる』 >>
睡眠は脳細胞の健康に良いことを示すさらなる証拠を発見 米学術専門誌

やはり睡眠不足は脳の働きに悪いようですね。日々の多忙の中でも、しっかりと睡眠時間を確保したいものです。

記事によると、睡眠は脳細胞の健康に良いことを示すさらなる証拠を発見したという論文が先月31日、米学術専門誌「スリープ(Sleep)」に掲載された。

 スウェーデンのウプサラ大学(Uppsala University)の研究チームは、健康なボランティア15人を集めて2つのグループに分け、一方のグループには一晩徹夜させ、もう一方には8時間の睡眠を取らせた。

 ボランティアの血液を調べたところ、眠らなかったグループの血液には「神経特異エノラーゼ(NSE)」と「S100カルシウム結合タンパク質B(S100B)」と呼ばれる物質が約20%増加していることが分かった。

 神経科学者のクリスチャン・ベネディクト(Christian Benedict)氏は「これらの脳分子は通常、脳損傷の際に血液中で増加する」と説明。「睡眠不足は神経変性を促進するのかもしれない。十分な睡眠は、脳の健康維持に不可欠なのかもしれない」

 昨年10月には米科学誌サイエンス(Science)に、蓄積するとアルツハイマー病の発症につながるとされているアミロイドベータというタンパク質などの老廃物が、睡眠時に脳細胞からよく排出されることを明らかにした論文が発表されているとのことです。


朝昼夕3つのことを心がければOK!  あなたの人生を変える睡眠の法則
菅原洋平
自由国民社
売り上げランキング: 1,361








【関連記事/睡眠】

→ 良質な睡眠のために深部体温を下げるグリシン
→ 「睡眠不足で太る」脳のメカニズムを解明、米研究
→ 睡眠時間減らすと食事量が増える 米科学アカデミー
→ 『夕方眠る』というのは最悪の生活習慣
→ 高校生、スマホ1日3時間 目の疲れ、睡眠時間の減少
→ 口呼吸 冬場は注意 ウイルス感染、睡眠不足招く恐れ
→ 睡眠時無呼吸症候群 代表的治療は「CPAP療法」
→ 睡眠時無呼吸症候群 近年は女性や子供も
→ 快眠するには? 自分の必要睡眠時間知ろう
→ いびきは睡眠時無呼吸症候群の最も分かりやすいシグナル
→ 寝不足にならずに、気分爽快に朝を迎えられたら


最新サプリメント情報
最新のサプリメントや話題のサプリメント情報や人気のサプリメント

サプリメント図鑑
サプリメント図鑑で自分に合ったサプリを探そう!

SCL 売れ筋ランキング
健康や美容に関するトレンドは売れ筋ランキングからチェックです!

Ads by SCL


人気ブログランキングへ


| 健康:睡眠 | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:07 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック