健康と美容のニュース




SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
LINKS
<< 口呼吸 冬場は注意 ウイルス感染、睡眠不足招く恐れ 鼻呼吸する習慣づけを | main | 高校生、スマホ1日3時間 目の疲れ、睡眠時間の減少も >>
ピロリ菌が胃がん発症させる仕組み解明 慶応大チーム
記事によると、胃がんの原因の一つとされるピロリ菌は、がんのもとになる性質を持つ「がん幹細胞」に働き掛けて胃がんを発症させることを、慶応大医学部の鈴木秀和准教授らの研究チームが突き止めた。ピロリ菌による胃がん発症の仕組みの一端を解明する成果で、新たな予防法や治療法の開発につながる可能性がある。13日付の米医学誌に掲載された。

ピロリ菌の毒素は、胃粘膜の細胞内に蓄積すると胃がんを起こすとされるが、その詳しい仕組みは不明だった。研究チームはピロリ菌に感染させたヒトの胃の細胞を使って実験。この毒素は、通常の細胞ではピロリ菌が作るタンパク質の働きで分解されるが、がん幹細胞では分解されず蓄積されることが分かった。

鈴木准教授は「がん幹細胞の目印となる遺伝子の働きを調べれば発症の危険性を推定でき、予防や治療に役立つ」と話しているとのことです。


どんどんメカニズムを解明して、予防方法や治療法を確立して欲しいですね!





【関連記事/ピロリ菌】


最新サプリメント情報
最新のサプリメントや話題のサプリメント情報や人気のサプリメント

サプリメント図鑑
サプリメント図鑑で自分に合ったサプリを探そう!

アジェル / Agel - A Better way
世界60ヶ国以上で話題のジェルタイプ・サプリメント「アジェル」

Ads by SCL


人気ブログランキングへ


| 健康 | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:28 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック