健康と美容のニュース




SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
LINKS
【くらしナビ】 キウイ食べて快“腸”生活 食物繊維豊富で便秘改善効果、栄養素もタップリ
記事によると、秋に向けて気温の変化で自律神経が乱れやすくなる。夏バテで胃腸が弱っていることもあり、これからの季節は腸がうまく動かなくなり、便秘になる人が増えるという。そこでビタミンC、ビタミンE、カリウムなど体の調子を整えるのに役立つ栄養素と便秘改善効果のある食物繊維が豊富なキウイフルーツが注目されているとのことです。

調査結果によると、1日1個のキウイを2週間継続して毎日食べることで7割弱の人に便通頻度の改善が見られた。2週間のキウイ摂取後は63・2%の人が1日1回排便でき、5・0%の人は1日2回以上排便できたとのことなので凄いですね!




人気ブログランキングへ

JUGEMテーマ:果物


| 健康:フルーツ | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ベリー類やグレープフルーツ、男性のパーキンソン病リスクを低減 研究
男性諸君、ベリー類やお茶、それにリンゴやナスはもっと多く摂取した方が良いかもしれない――

最新の研究によると、フラボノイドの多い食生活にはパーキンソン病などの脳疾患を予防する効果があるという。

 フラボノイドは、ナスやカシス、ブラックベリー、グレープフルーツ、色の濃い豆類など、黄色や紫色、オレンジ色、赤色の皮の植物を原料とする多くの飲食物に含まれている。

 米ハーバード大学(Harvard University)と英イーストアングリア大学(University of East Anglia)は20年間にわたって13万人の男女を対象に追跡調査を行った。

結果、約800人がパーキンソン病を発症したという。

 パーキンソン病は脳の疾患で50歳以上での発症が多い。

発症すると手足の震えが起こったり、歩行や運動の調節が困難になる。

 被験者の食生活を分析した結果、最も多くのフラボノイドを摂取していた男性群は、最少摂取の男性群と比べ、パーキンソン病を発症する確率が約40%低かった。

 研究においては、茶やベリー、リンゴ、赤ワイン、オレンジ、オレンジジュースがフラボノイドの主な摂取源だった。

 興味深いことに、女性の被験者では、男性のようなフラボノイドとパーキンソン病との関連性は見られなかった。

 同研究は、4日の米国神経学会(American Academy of Neurology)の学会誌「Neurology」に掲載された。



パーキンソン病を治す本―薬を使わない画期的治療でよくなる人が続出! (ビタミン文庫)
安保 徹 水嶋 丈雄 池田 国義 マキノ出版 売り上げランキング: 31700



パーキンソン病は自宅で治せる―最新治療と自宅ケアのすべて
水嶋 丈雄 主婦の友社 売り上げランキング: 48739



【売れ筋ランキング】 ダイエット・健康
最新のダイエット方法や流行の美魔女アイテムをチェック!

【売れ筋ランキング】 美容・コスメ・香水
トレンドの美容法や最新のコスメ・スキンケアをチェック!

【激安ランキング】 注目キーワード
注目のアイテムもキーワードからチェック&激安価格でゲット!

Ads by SCL


人気ブログランキングへ


| 健康:フルーツ | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
かんきつ類たくさん食べる女性、脳卒中リスク低下
オレンジやグレープフルーツなど、かんきつ類を日常的に食べる女性は、脳卒中の原因となる血栓リスクが低くなる可能性があるとの研究結果が23日、米国心臓協会(American Heart Association)の学術誌「脳卒中(Stroke: Journal of the American Heart Association)」に発表された。

 英イーストアングリア大学(University of East Anglia)医学部のエーディン・カシディ(Aedin Cassidy)教授(栄養学)率いる研究チームは、女性6万9622人を含む米国の看護士を対象に4年ごとに行った食生活に関する調査データ14年分を検証し、摂取した食物についての詳細な報告を調査した。

 調査の目的は、野菜や果物に含有されるフラボノイドの効能を調べることだったが、典型的な米国人の食事に含まれる6種類のフラボノイドの総摂取量では脳卒中予防効果に変化は見られなかった。

一方で、果汁を含めオレンジやグレープフルーツを多く摂取していた人では、脳卒中リスクが19%低下していることが分かった。

「野菜や果物、厳密に言えばビタミンCの摂取が、脳卒中リスクの低下に関連している。

フラボノイドは血管機能の向上や抗炎症作用といった面で予防効果があるとみられる」とカシディ教授は述べ、糖類の過剰摂取を防ぐためジュースを避けつつ、オレンジやグレープフルーツを多く食べるよう女性たちに呼びかけている。

 これまでの研究では、かんきつ類に含まれるフラボノイドに、2型糖尿病や心臓病リスク増につながる肥満やメタボリック症候群の予防効果があることが示唆されている。




日々コウジ中―高次脳機能障害の夫と暮らす日常コミック
柴本 礼 主婦の友社 売り上げランキング: 4977


【売れ筋ランキング】 ダイエット・健康
最新のダイエット方法や流行の美魔女アイテムをチェック!

【売れ筋ランキング】 美容・コスメ・香水
トレンドの美容法や最新のコスメ・スキンケアをチェック!

【激安ランキング】 注目キーワード
注目のアイテムもキーワードからチェック&激安価格でゲット!

Ads by SCL


人気ブログランキングへ


JUGEMテーマ:健康を維持する


| 健康:フルーツ | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |