健康と美容のニュース




SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
LINKS
「温感美容」で夏の肌ケア 「エステローラー」など市場拡大

今年の夏の暑さのスキンケア対策で関連市場はずいぶん伸びたようですね!

記事によると、暑さ続きで肌への影響が心配な女性も多いはず。エアコンによる乾燥や冷え、日焼けなどで夏に蓄積された肌のダメージは、実年齢より老けてみられることを指す「夏老け」をもたらす。入浴が体をしんから温め、血行を良くするのと同様、肌トラブルには皮膚を温める「温感美容」が効果的だという。

 20〜40代の女性300人を対象にPR会社が行ったインターネット調査によると、夏の終わりに日焼け、しみ・そばかす、ニキビ・ベタつきといった肌のダメージを感じる人は92.3%に上った。エアコンなどが原因で酷暑でも「冷え」を感じるとした女性も87.7%で、うち94.7%が「夏老けを経験」と回答。紫外線の強い夏は肌に最も気を配りたい季節だが、女性の多くが肌のケアに悩みを抱えていることが分かる。

 「冷えて血流が悪かったり、肌がカサカサしていたりだと、老けてみられがちになる」。美容皮膚科医で品川スキンクリニック表参道院の黒田愛美院長は「乾燥、日焼けが夏老けの一番の原因」と注意を呼びかけ、「皮膚を温めて血流を良くし、細胞の隅々まで酸素が行き渡れば代謝機能が高まる。温めはダメージ回復やケアに効果的」と強調する。

肌のケアを気にする人が男女を問わず増え、レーザー治療などの技術や治療器具の進歩も相まって、近年は美容皮膚科を訪れる患者数も増加しているという。

 温めによる肌ケアをめぐっては、「温感美容」の市場拡大を見越した新商品の開発も進む。

 パナソニックは9月、温度を2段階(44度、48度)に設定できる温感ヒーターをローラー内に搭載した「温感エステローラー」を発売予定。つまみ機能、さすり機能を持つ2つのローラーが顔の皮膚を引き締め、肌を滑らかにするフェイシャルケア商品で、腹や太もも、ふくらはぎなどにも使用可能。目元へのスチーム機能を持つ「目もとエステ」なども同時に発売するとのことです。







【関連記事/温感美容】


最新サプリメント情報
最新のサプリメントや話題のサプリメント情報や人気のサプリメント

サプリメント図鑑
サプリメント図鑑で自分に合ったサプリを探そう!

SCL 売れ筋ランキング
健康や美容に関するトレンドは売れ筋ランキングからチェックです!

Ads by SCL


人気ブログランキングへ


| 美容 | 13:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アラフォー女性の7割 「悩み深いのは体重より体形」

アラフォー世代は最後のダイエット適齢期なのかもとのことです......


記事によると、アラフォー女性の7割が「悩み深いのは体重より体形」−。7月5日の「ビキニスタイルの日」を前に、大人のダイエットをサポートするサプリメントを扱う「オルビス」(東京都品川区)の調査で、こんな実態が浮き彫りとなった。

調査は5月、ダイエットに興味のある首都圏在住のアラサー世代(25〜34歳)、アラフォー世代(35〜44歳)、アラフィフ世代(45〜54歳)の女性各150人計450人を対象にインターネットで実施した。

それによると、アラフォー女性の7割が体重より体形に不満を感じていた。今の体形(ボディーライン)に対する自己評価の平均は100点満点で24点。0点は3割に上り、「81〜100点」は該当者なしだった。

また、9割のアラフォー女性がビキニタイプの水着に抵抗を感じていた。ビキニタイプの水着に抵抗を感じるようになった時期は平均23.2歳で、ワンピースタイプは同25.9歳。

「年齢とともにダイエットしても体形が戻らないと感じるか」との質問では、アラフォー女性の96%が「非常に感じる」「やや感じる」と回答。アラフィフ女性では6割超が「非常に感じる」とした。その時期についてアラフィフ女性に聞いたところ、「40代前半」が46.2%でトップだった。

同社では「アラフォー世代は最後のダイエット適齢期といえるかもしれない」としているとのことです。


1日1回背伸びするだけで人生と体形は変わる (メディアファクトリー新書)
植森美緒
メディアファクトリー
売り上げランキング: 70,925







【関連記事/アラフォー】



最新サプリメント情報
最新のサプリメントや話題のサプリメント情報や人気のサプリメント

サプリメント図鑑
サプリメント図鑑で自分に合ったサプリを探そう!

SCL 売れ筋ランキング
健康や美容に関するトレンドは売れ筋ランキングからチェックです!

Ads by SCL


人気ブログランキングへ



| 美容 | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
薬草の恵みで健康な髪に 桐葉や桑白皮の育毛効果に注目

記事によると、抜け毛や脱毛に悩む人は女性にも多い。近年、女性型の脱毛への対策として、桐葉(きりは)エキスの育毛効果が注目されている。

漢方や中医学の世界では古くからさまざまな植物が利用されてきたが、こうした植物の中には、育毛に効果があるとされるものもあり、古くから健康な髪は人々の望みだったことが分かる。

例えば、中国・明の時代(1368〜1644年)の薬用植物について書かれた文献『本草綱目(ほんぞうこうもく)』には、「桐の葉ひとつかみと麻の実を入れ、米汁で煮沸し、かすを取ってから洗髪すると、20日で髪が長くなる」という方法も紹介されている。

これらの文献に登場している桐葉や桑白皮(そうはくひ)(クワの根の皮、写真)といった生薬には古くから保湿などに効果があるとされてきたが、近年、育毛への効果も目され、その効能の科学的な検証が進められているとのことです。


秋から冬にかけて、特に抜け毛が多くなるので天然のものでいいものがあるといいですね!





【関連記事/育毛】

→ 女性向けの育毛剤市場が急成長 カギは女心への配慮
→ 育毛サプリメント GUNGUN(ぐんぐん)
→ GUNGUN


最新サプリメント情報
最新のサプリメントや話題のサプリメント情報や人気のサプリメント

アジェル / Agel - A Better way
世界60ヶ国以上で話題のジェルタイプ・サプリメント「アジェル」

サプリメント図鑑
サプリメント図鑑で自分に合ったサプリを探そう!

Ads by SCL


人気ブログランキングへ


| 美容 | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
女性の肌の悩み対策、トップは「乾燥」

記事によると、女性が対策を取っている肌の悩みで最も多かったのは「乾燥」で4割を超えたことが、調査会社「サーベイリサーチセンター」(東京都荒川区)の調査で分かった。

調査は8月、事前調査で「美容意識が高い」と答えた20〜50代の女性500人を対象に実施した。

それによると、改善したいと思っている肌の悩みは、「しみ」(59.2%)▽「毛穴」(58.8%)▽「肌の乾燥」(48.6%)−の順。これに対し、実際に対策を取っている肌の悩みは「肌の乾燥」(43.8%)が最多。調査が夏にもかかわらず、乾燥ケアは女性が1年を通して意識していることがうかがえる。

スキンケアに払う費用は1カ月当たり平均1万923円。乾燥ケアの費用は同8515円で、スキンケア費用の約8割に当たる。スキンケア全体に対する乾燥ケアの比率は20、30代で68.5%だったのに対し、40、50代は90.3%。年齢が上がるとともに乾燥ケアの重要性が増していた。

「2〜3年前と比較して肌質の変化を感じる」女性は79.6%。「肌の保湿力の低下を感じる」とした女性は76.6%で、全体の8割近くに上ったとのことです。

これから感想が続く季節なのでスキンケアには、十分気をつけたいものですね.....





最新サプリメント情報
最新の売れ筋サプリメントや話題のサプリメント情報や人気のサプリメント情報をチェック!!
アジェル / Agel - A Better way
いま世界60ヶ国以上で話題のジェルタイプサプリメント「アジェル/AGEL」の最新情報をチェック!!

人気ブログランキングへ


【関連記事/乾燥肌】

→ アジェル新スキンケアライン「ニュー・エイジレス / ageless」
→ 髪、肌、爪にフォーカスした緑茶種油、グレープ種油、アロエベラのジェルタイプサプリメント!!
→ 多機能ジェル状基礎化粧品 一品で“時短スキンケア”

| 美容 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アトピー性皮膚炎 「脱出」へ心のケアも大切

記事によると、アトピー性皮膚炎の患者は全国で約35万人といわれる。近年は、患者数の増加とともに大人になっても悩まされる人も多い。薬を正しく使うとともに、心理的なアプローチも大切だという。

アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能がほころび、侵入する抗原を防ごうとする体の免疫機能によって、炎症やかゆみを引き起こす。かくと皮膚の組織がさらにダメージを受け、炎症が広がってしまう。ただ、「分かっていてもやめられない」「眠っている間にかいてしまう」という人は多い。

東京慈恵会医科大付属第三病院皮膚科診療部長の上出(かみで)良一教授は「患者の中には、かゆくなくても無意識にかいてしまう動作(嗜癖的掻破(しへきてきそうは))がある人が多い。不安だったり、逆にほっとしたりしたときです。かくという行為が、安心、ストレス解消につながってしまう」と話す。

ストレスなどによる嗜癖的掻破がアトピーを悪化させ、治りにくくしている面があるとして、上出教授は外来での初診時、少なくとも15分程度の問診を行っているとのことです。

なかなか治りにくいのには精神的な面もあるんですね......


アトピー性皮膚炎―正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)
古江 増隆
法研
売り上げランキング: 40753



最新サプリメント情報
最新の売れ筋サプリメントや話題のサプリメント情報や人気のサプリメント情報をチェック!!

アジェル / Agel - A Better way
いま世界60ヶ国以上で話題のジェルタイプサプリメント「アジェル/AGEL」の最新情報をチェック!!

人気ブログランキングへ


| 美容 | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【美容の知恵袋】首元のお手入れ
Q 首元は、顔と同じお手入れでいいの?

A 肌状態が大きく異なるため、それぞれ別のお手入れをするのが望ましいといえます。

 カネボウ化粧品の調査で、首と胸元(デコルテ)の肌について、「ハリがない」「つやがない」などの悩みを持つ女性が10年前と比べて増加していることが分かりました。

これには首回りの大きく開いたファッションの流行や、美意識の向上などが関係していると考えられます。その一方で、ケア方法についてはあまり知られていないことが判明しました。

 そこで、90人の女性の首とデコルテの肌を調査。すると、水分量や皮脂量、肌の色み、血流量などが、顔とは大きく異なっていることが分かりました。

そう、つまり顔とは別のお手入れが必要だったのです。

 また、首とデコルテにおけるシワの発生部位や形、首とあごのくびれなどが加齢とともに変化し、その加齢変化では、40代と60代が大きなターニングポイントとなることも見えてきました。

 まず、40代を境に、首とデコルテの皮脂量が減少したり、肌の明るさが低下。シワが深くなり本数も増えるなど、肌状態がそれまでとは大きく変わります。さらに、60代以降では、皮膚がたるんで下あごと首のくびれがなくなる女性が急増。

これは、20〜30代の二重あごとは異なり、加齢とともに皮下脂肪だけでなく筋肉のゆるみや肌のハリが低下することが大きな要因と考えられます。

 そこでお勧めしたいのがリンパマッサージ。首やデコルテには、顔や頭まで血液やリンパ液を運ぶための太い血管やリンパ節があります。

マッサージでこれらの経路を刺激することで、首やデコルテだけでなく、顔の血液やリンパの流れも促進されるため、顔色が良くなり、フェースラインもすっきりと美しい状態に近づけるのです。

マッサージの際に首とデコルテ用のクリームを使うと手の滑りも良く、潤いを与えながらお手入れができ、さらに効果的です。


パリ流 おしゃれアレンジ! 自分らしく着こなす41の魔法
米澤よう子 メディアファクトリー 売り上げランキング: 1797





人気ブログランキングへ


| 美容 | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/14PAGES | >>