健康と美容のニュース




SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
LINKS
良質な睡眠のために深部体温を下げるグリシン
熱帯夜が続き、寝不足気味の方に朗報かも?

記事によると、私たちは、深い眠りと浅い眠りを繰り返して目覚める。質の良い眠りのリズムは、眠りに入って間もなく、深い眠りのノンレム睡眠に入り、その後、覚醒に近づくにつれて浅いレム睡眠量を増やしながら、ノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返して目覚めるというパターンだ。

 生理学などが専門の高橋迪雄(みちお)・東京大名誉教授は「質の良い睡眠の鍵は体温。私たちは本来、深部体温が下がり始めるときに就寝すると寝付きが良く、深い眠りが得られます。ところが、現代生活の睡眠と活動のリズムでは、このタイミングを外してしまうことが多く、睡眠に問題を抱える人が増えているのです」と解説する。夏は特に暑さのため、寝苦しく、深部体温が下がりにくい。

 深部体温を下げ、良質な休息をサポートする効果で注目されているのが「グリシン」という成分だ。グリシンはタンパク質を構成するアミノ酸の一種で、私たちの体内でも作られている。このグリシンが脳に作用して深部体温を下げる働きが見つかった。実際には手足の血流を増やすことで体の熱を逃し、深部体温を下げるのだ。高橋名誉教授は「体を休めたいときにグリシンを摂取すると、深部体温が下がるのを助け、しっかりとした休息を取れることが分かってきている。その効果は多くの研究で科学的な証明も得られています」と話すとのことです。







【関連記事/睡眠】

→ 「睡眠不足で太る」脳のメカニズムを解明、米研究
→ 睡眠時間減らすと食事量が増える 米科学アカデミー
→ 『夕方眠る』というのは最悪の生活習慣
→ 高校生、スマホ1日3時間 目の疲れ、睡眠時間の減少
→ 口呼吸 冬場は注意 ウイルス感染、睡眠不足招く恐れ
→ 睡眠時無呼吸症候群 代表的治療は「CPAP療法」
→ 睡眠時無呼吸症候群 近年は女性や子供も
→ 快眠するには? 自分の必要睡眠時間知ろう
→ いびきは睡眠時無呼吸症候群の最も分かりやすいシグナル
→ 寝不足にならずに、気分爽快に朝を迎えられたら


最新サプリメント情報
最新のサプリメントや話題のサプリメント情報や人気のサプリメント

サプリメント図鑑
サプリメント図鑑で自分に合ったサプリを探そう!

SCL 売れ筋ランキング
健康や美容に関するトレンドは売れ筋ランキングからチェックです!

Ads by SCL


人気ブログランキングへ

| グリシン | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |