健康と美容のニュース




SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
LINKS
秋バテ原因に「かくれ栄養失調」 キウイ1個で手軽にバランス改善

一日1個キウイを食べているとずいぶんと違うようですね!

記事によると、なんとなく体の調子がさえない。とりわけ暑かった夏は過ぎたが、夏バテを引きずる“秋バテ”を自覚している人も少なくないはず。夏場の食欲不振や、あっさりした食事中心の栄養不足、栄養の偏りが引き起こす「かくれ栄養失調」(新型栄養失調)が一因かもしれない。秋バテを克服する術とは−。(北村豊)

 かくれ栄養失調は、太り過ぎを過剰に意識するあまり本来必要な栄養素が十分でなかったり、朝昼晩と3食をしっかり取っていても必要な栄養素が不足したり偏ったりという低栄養状態のこと。「太り気味でもやせ気味でも、かくれ栄養失調という人は多い。きちんとした食生活を送っていなければ体調不良は長引くでしょう」。管理栄養士で医学博士の本多京子氏はそう警鐘を鳴らす。

 とくに夏バテは、冷たい飲料の多量摂取で消化不良や食欲不振に陥ることによる「やせ型」、こってりしたスタミナ食でカロリー超過の状態になりながら、汗で失われるビタミンやミネラルは不足しがちという「太り型」と、どちらも暑い季節特有の栄養素の欠乏、偏りが引き起こすという。

たとえば忙しいからと朝食を抜いたり、野菜や果物を食べなかったり、ビールを飲むからとご飯を控えたりする。そうした食生活を繰り返せば、必要な栄養が不足し、おなかの状態も芳しくなくなる。最初は体調不良だけでも、積み重なれば肥満や高血圧といった生活習慣病も引き起こしかねない。

 本多氏は「食生活が一因の生活習慣病は、遺伝的な要素を除けば“自業自得病”といってもいい。食べることとは何かを根本的に考え直す時代でしょう」と話し、「タンパク質やビタミンが不足すれば免疫細胞も活性化しない。とりわけビタミン、ミネラル、食物繊維は体調の良しあしの決め手」と強調する。

 かくれ栄養失調の状態にならないよう、外食の機会が多い人も気をつけたい。外食メニューの選び方について、管理栄養士で横浜創英短大名誉教授の則岡(のりおか)孝子氏は「肉(魚)、野菜、ご飯の3種類を取れるようなバランスを考えたメニューを選んでほしい」と話す。

 チャーハンとラーメン、うどんと炊き込みご飯といった糖質源(エネルギー源)同士のセット料理は満腹感は得られても、鉄分やタンパク質、ビタミンは不足。則岡氏は、魚ならマグロやカツオの赤身、肉なら脂分の少ないモモ肉など、緑黄色野菜はコマツナのソテーやホウレンソウのおひたしなどを推奨する。

疲労感は、血液中の鉄分と結びつき、血液を通じて体中に運ばれる酸素の不足からも生じる。体中に行き渡る酸素量を減らさないためにも、「鉄分の摂取は大事」(則岡氏)という。

 かくれ栄養失調対策としては、キウイの摂取も効果がある。キウイフルーツ1個(約100グラム)で、バナナ2本分の食物繊維(2・5グラム)、温州ミカン2・2個分のビタミンC(69ミリグラム)を摂取できる。ニュージーランド産キウイフルーツの輸入、マーケティングを手掛ける「ゼスプリ インターナショナル ジャパン」(東京都千代田区)によれば、ビタミンやミネラル、食物繊維といった17の栄養素が、主な果物の可食部100グラムに含まれる割合を表す「栄養素充足率スコア」(米農務省公認)で、キウイはトップの比率を示した。

 本多氏も「カロリー摂取が低いのに必要な栄養素が効率よく取れるのが高栄養密度フルーツのキウイ。栄養のバランスを手軽に改善する手だてのひとつ」と推奨するとのことです。


元気とキレイをつくる キウイレシピ
浜内 千波
日東書院本社
売り上げランキング: 518,761






【関連記事/キウイ】

キウイ食べて快“腸”生活 食物繊維豊富で便秘改善効果、栄養素もタップリ



最新サプリメント情報
最新のサプリメントや話題のサプリメント情報や人気のサプリメント

サプリメント図鑑
サプリメント図鑑で自分に合ったサプリを探そう!

SCL 売れ筋ランキング
健康や美容に関するトレンドは売れ筋ランキングからチェックです!

Ads by SCL


人気ブログランキングへ


| 健康:果物 | 17:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スーパーフルーツ・アセロラ ビタミンCの宝庫

記事によると、カリブ海に浮かぶ西インド諸島原産で、古くから元気を回復する果実といわれてきた「アセロラ」。ビタミンCの含有量は100グラム当たり1700ミリグラム。レモン果汁の約34倍だ。忙しい現代人を救う「スーパーフルーツ」として注目を集めている。

鮮やかな赤色の果皮で、サクランボのような小さな果実。アセロラは大航海時代、スペインや英国の船員が本国に持ち帰ったことで、西インド諸島から世界に広まった。日本では昭和33年、復帰前の沖縄に初めて苗木が持ち込まれ、栽培が始まった。だが、収穫したアセロラの実は傷みやすく、流通に問題があったため、すぐには一般的にはならなかったという。沖縄県では現在も栽培が続いている。

アセロラに多く含まれるビタミンCは老化につながる酸化を防ぐなど欠かせない栄養素だ。ストレスや喫煙、紫外線などで発生する活性酸素から体を守る働きをしている。だが、ヒトの場合、体内で合成することができないため、日々の食事で摂取する必要がある。また、水溶性で尿などと一緒に体外に排出されやすい。

不足しがちな栄養素をサプリメントで補う方法もあるが、アセロラなら豊富なビタミンCのほか、ポリフェノールなどの健康に良い成分を一緒に摂取できる。しかも、体内の吸収率はレモンやブルーベリーよりも高いというデータもあり、元気な体を作るのに役立つということです。








【関連記事/アセロラ】


最新サプリメント情報
最新のサプリメントや話題のサプリメント情報や人気のサプリメント

サプリメント図鑑
サプリメント図鑑で自分に合ったサプリを探そう!

SCL 売れ筋ランキング
健康や美容に関するトレンドは売れ筋ランキングからチェックです!

Ads by SCL


人気ブログランキングへ


| 健康:果物 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |