健康と美容のニュース




SEARCH THIS SITE.
CATEGORIES
LINKS
年々増え続けている認知症 生活習慣病と関連 予防に乳・大豆製品食事と運動

やはり日々の乳製品や大豆製品が欠かせないようですね。

記事によると、年々増え続けている認知症は患者本人がつらいだけでなく、介護者の負担も大きい疾患だ。認知症の中でも患者の多いアルツハイマー型は、これまで原因不明で予防が難しいとされていたが、最近の研究で生活習慣病との関連が明らかになってきた。乳製品や大豆製品、野菜を多く食べることで発症リスクを低下させることも分かっており、認知症予防のためにも自身の食事パターンを見直してはどうだろう。(平沢裕子)

 ◆背景に糖尿病?

 厚生労働省の調査では、65歳以上の15%、約460万人が認知症と推計されている。認知症には、血管が詰まって起こる脳血管性と、何らかの原因で脳が萎縮して起こるアルツハイマー型などがある。

 このうち、脳血管性認知症は脳梗塞や動脈硬化が原因となって起こることから、以前から生活習慣病との関連が指摘されていた。一方、この20年で患者が急増し、高齢者の認知症の大半を占めるようになったアルツハイマー型と生活習慣病の関連が明らかになってきたのは最近のことだ。

 福岡県久山町の住民を対象に行われている疫学調査の「久山町研究」でも、生活習慣病と認知症の関連が判明している。

 30年以上前から同研究に携わっている九州大大学院の清原裕教授は「久山町の60歳以上の高齢者の追跡調査で、糖尿病が脳血管性とアルツハイマー型の両方の危険因子であり、特にアルツハイマー型との関連が強い傾向にあることがわかった。この10年の認知症の急増は、糖尿病の蔓延(まんえん)が要因である可能性が高い」と指摘する。

糖尿病がアルツハイマー型認知症と関係があるのは、血糖を下げるインスリンがアルツハイマー型の原因物質であるβアミロイドタンパクの分解能力と関係するためだ。βアミロイドタンパクの蓄積が促進されるとアルツハイマー型認知症が進行するが、βアミロイドタンパクの蓄積は糖尿病となった場合だけでなく、糖尿病予備軍に多い高インスリン血症(インスリンが過剰に働く状態)でも促進される。

 ◆高齢者に乳和食

 久山町の追跡調査では、運動や食事が認知症の発症に与える影響についても検討している。それによると、運動は全認知症の発症リスクを2割、アルツハイマー型では4割、それぞれ低下させる。食事では、牛乳・乳製品や大豆製品・豆腐、野菜などを多く食べ、ご飯や酒類が少ない食事パターンが脳血管性とアルツハイマー型の両方の認知症の発症リスクを4、5割低下させた。

 中でも牛乳・乳製品については、摂取すればするほど発症リスクを低下させる傾向にあった。これについては、乳中に含まれるマグネシウムなどの栄養素がインスリン抵抗性を改善することから、それが糖尿病を改善し、結果として認知症の予防につながっているとみられている。

清原教授は「認知症予防には、適度な運動をして、いろいろな食品を取ることが大事ということ。特に高齢者には和食に牛乳・乳製品を加えた食事パターンがおすすめだ」と話している。



 ■「糖尿病に将来の認知症の可能性」 リスク説明は4割

 糖尿病が将来、慢性腎不全や失明のリスクとなることはよく知られているが、認知症のリスクでもあることはまだあまり認識されていないのが現状だ。「生活習慣病の患者調査」(武田薬品調べ)によると、認知症となるリスクを患者に説明していた医師は約4割。一方、医師から糖尿病が認知症のリスクであると説明されたことを覚えていた患者は5%にとどまっている。

 海外の調査では、高血圧や喫煙など危険因子が増えるほど認知症の発症リスクが高いことがわかっている。認知症は発症してからでは治療が難しく、介護する家族の負担も大きい。発症前の30、40代の生活習慣病をいかに減らすかが今後の課題といえるとのことです。


認知症 よい対応・わるい対応―正しい理解と効果的な予防
浦上 克哉
日本評論社
売り上げランキング: 10,004






【関連記事/認知症】

→ 1日に40分運動する高齢者、がん・認知症リスク2割減
→ 認知症に「地中海式ダイエット」が効果、米研究
→ 香りはなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療
→ 認知症急増、305万人 厚労省推計、65歳以上の1割
→ アルツハイマー病は脳内で「伝染」する、米研究
→ 脳を若く保ちたいなら食事は少なめに、米研究
→ 中年期のタバコ吸い過ぎで認知症リスク2倍以上に
→ 「赤ワインで記憶力向上」マウス実験で判明 認知症関連学会


最新サプリメント情報
最新のサプリメントや話題のサプリメント情報や人気のサプリメント

サプリメント図鑑
サプリメント図鑑で自分に合ったサプリを探そう!

SCL 売れ筋ランキング
健康や美容に関するトレンドは売れ筋ランキングからチェックです!

Ads by SCL


人気ブログランキングへ


| 健康:認知症 | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1日に40分運動する高齢者、がん・認知症リスク2割減 厚生労働省研究班

記事によると、1日に40分ほど体を動かす高齢者は10〜15分程度の人より、がんや生活習慣病や関節痛、認知症になるリスクが平均21%低いことが、厚生労働省研究班の研究でわかった。結果から厚労省は、65歳以上の高齢者について「1日合計40分体を動かすこと」とする健康づくりの活動基準をまとめた。高齢者向けの基準は初めて。18〜64歳向けの基準も作った。

研究班(主任研究者=国立健康・栄養研究所健康増進研究部の宮地元彦部長)が国内外の論文を分析し、リスク低下を確かめた。活動量が増えると、がんのもとになる細胞ができにくくなるほか、血の流れが良くなることが理由らしい。

無理をして体を壊さないよう注意が必要だが、散歩やストレッチ、皿洗いなどどんな動きでも効果があるということです。

一日に40分の散歩を心がけるだけでずいぶん違うようですね!


【送料無料】認知症とは何か [ 小沢勲 ]

【送料無料】認知症とは何か [ 小沢勲 ]
価格:756円(税込、送料込)




【関連記事/認知症】

→ 認知症に「地中海式ダイエット」が効果、米研究
→ 香りはなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療
→ 認知症急増、305万人 厚労省推計、65歳以上の1割
→ アルツハイマー病は脳内で「伝染」する、米研究
→ 脳を若く保ちたいなら食事は少なめに、米研究
→ 中年期のタバコ吸い過ぎで認知症リスク2倍以上に
→ 「赤ワインで記憶力向上」マウス実験で判明 認知症関連学会


最新サプリメント情報
最新のサプリメントや話題のサプリメント情報や人気のサプリメント

サプリメント図鑑
サプリメント図鑑で自分に合ったサプリを探そう!

SCL 売れ筋ランキング
健康や美容に関するトレンドは売れ筋ランキングからチェックです!

Ads by SCL


人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:認知症


| 健康:認知症 | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
認知症に「地中海式ダイエット」が効果、米研究
高齢者大国の日本にはありがたい記事ですね!

記事によると、オリーブオイルを豊富に摂取する「地中海式ダイエット」が、高齢になってからの記憶障害のリスクを低下させるとする報告が29日、米国神経学会(American Academy of Neurology)の学会誌「ニューロロジー(Neurology)」に掲載された。

この種の研究としては過去最大のもので、黒人系と白人系の米国人1万7478人の食事に関する情報に基づいた。対象者の平均年齢は64歳だった。
 
この中で「地中海式ダイエット」風の食事習慣を持つ健康的な人たちでは、そうした食事習慣がない人たちに比べ、思考や記憶に関する問題が生じる可能性が19%低かった。黒人と白人で認識機能の低下に大きな差異はなかった。

アラバマ大学バーミングハム校(University of Alabama)とギリシャ・アテネ大学(University of Athens)に所属するGeorgios Tsivgoulis博士は「人生晩年の認知機能維持に役立つことの中で、食事は重要で(自分で)変更可能な行動だ」と述べている。ただし、晩年の精神機能を左右する鍵となる生活習慣の中の一つに過ぎないとも付け加えているとののことです。





【関連記事/認知症】

→ 香りはなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療
→ 認知症急増、305万人 厚労省推計、65歳以上の1割
→ アルツハイマー病は脳内で「伝染」する、米研究
→ 脳を若く保ちたいなら食事は少なめに、米研究
→ 中年期のタバコ吸い過ぎで認知症リスク2倍以上に
→ 「赤ワインで記憶力向上」マウス実験で判明 認知症関連学会


最新サプリメント情報
最新のサプリメントや話題のサプリメント情報や人気のサプリメント

サプリメント図鑑
サプリメント図鑑で自分に合ったサプリを探そう!

SCL 売れ筋ランキング
健康や美容に関するトレンドは売れ筋ランキングからチェックです!

Ads by SCL


人気ブログランキングへ
JUGEMテーマ:認知症
| 健康:認知症 | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |